JAL
さっぽろグルメクーポンアプリQRコード
条件から探す
エリアから探す
ジャンルから探す
 

北海道神宮

ホッカイドウジングウ

本殿
本殿鳥居エゾリス冬景色春景色

北海道の開拓と発展、人々の幸せを明治幕開けから見守る守護神

1896(明治2)年、北海道の開拓・発展の守護神として「大国魂神」「大那牟遅神」「少彦名神」の三神
が明治天皇の詔により開拓使に御託しになられたのが北海道神宮の歴史の始まり。
現在は明治天皇を御増祀、四柱の神を祀る。
円山公園内に鎮座し自然豊かで、野生のエゾリスが顔を出す境内は春になると桜と梅が同時に開花する。
6月に行われる「札幌まつり」は北海道に夏を告げる風物詩としても有名。
本殿から歩いて3分ほどの場所にある開拓神社には北海道開拓の功労者が数多く祀られています。
また、末社の頓宮はかつての遥拝所として現在もお札やお守りは本社と同じものが頒布され、多くの参拝者を集めている。

  • 住所

    札幌市中央区宮ヶ丘474

  • 交通手段

    ・地下鉄東西線円山公園駅より徒歩15分
    ・JR札幌駅からタクシー15分

  • 駐車場

    ・東駐車場70台
    ・西駐車場170台

  • 営業時間

    元旦 0:00~19:00
    1月2日~1月3日 6:00~18:00
    1月4日~1月7日 6:00~16:00
    1月8日~1月31日 7:00~16:00
    2月1日~2月14日 7:00~16:00
    2月15日~3月31日 7:00~16:30
    4月1日~10月15日 6:00~17:00
    10月16日~10月31日 6:00~16:30
    11月1日~12月31日 7:00~16:00

  • ホームページ

    http://www.hokkaidojingu.or.jp/